低カロリー対決!もぎたて生スムージーVSマジカルスムージーを比較

もぎたて生スムージーとマジカルスムージーのカロリー比較

ダイエットに大事なことは「カロリー」ですよね。

 

自分が食べて摂取したカロリーよりも運動や日常生活で使う消費カロリーを多くすることで痩せることができます。

 

でもなかなかそれが難しい!

 

そこでスムージーダイエットをする女性が多いんです。

 

スムージーダイエットの中でももぎたて生スムージーとマジカルスムージーに注目しました。

 

その理由は2つとも低カロリーだったんです。やっぱり低カロリーって大事ですよね。

 

今回はもぎたて生スムージーとマジカルスムージーにはどんな違いがあるのか調査します。

 

ここなら半額以下で買える!>>https://kosuiso.jp/shopping/

 

もぎたて生スムージー

 

もぎたて生スムージーについて

では最初にもぎたて生スムージーについて調査していきましょう。

 

もぎたて生スムージーは1食分17キロカロリーです。

 

一般的な置き換えドリンクと比べるととっても低カロリーなのでちょっと驚きました!

 

もぎたて生スムージーの味はミックスベリーなんですが、10種類のベリーが入っているので、甘酸っぱい味がして美味しいんです。

 

ですが美味しいだけじゃありません。

 

というのも、もぎたて生スムージーにはレタス1.3個分の食物繊維やキウイ58.8個分のビタミンB1やいちご87.5個分のビタミンB6などなど驚くほど多い成分をスムージーで摂取できちゃうんです。

 

マジカルスムージーは大麦若葉が配合されており、食物繊維を摂取できるとお話しましたよね。

 

もぎたて生スムージーはプランタゴオタバが配合されています。

 

聞きなれないという人も多いかもしれません。

 

 

この成分はオオバコ科の植物が原料で、種の外側の皮を精製してつくられます。

 

食物繊維として世界で広く使われているもので、一部ではとても有名な成分です。

 

大麦若葉よりも味に特徴がないので、青汁風味が苦手だと言う方にはこちらの方がオススメかもしれません。

 

 

スムージーを使ったダイエットはカロリー制限できるだけだと思っている方すごく多いんです。

 

なのでダイエットには成功しても食事をとってないから肌がカサカサになったとかいう人もいます。

 

しかし普段の食事だけでは摂ることが難しい栄養がたっぷり入っているのも嬉しいポイントです。

 

なので美容面でもしっかりサポートしてくれますよ。

 

 

マジカルスムージーのカロリー以外のウリは?

もぎたて生スムージーについて知ったところで、次はマジカルスムージーです。

 

マジカルスムージーは1杯あたりカロリーが16.4キロカロリーなんです。

 

こちらも先ほどと同様にとっても低カロリーですし、もぎたて生スムージーよりもカロリーは低いんです。

 

ただ違うところは味でしょう。

 

味はマンゴー味なのですが、味は薄めで後から酸っぱさがくるみたいですよ。

 

マンゴーなのだから色は黄色?と思った方多いかもしれません。

 

けどマジカルスムージーはグリーン系のスムージーです。

 

 

そのグリーンの秘密は大麦若葉が配合されているからです。

 

大麦若葉は青汁に使用されていることが多い成分で、緑黄色野菜の王様と呼ばれているんです。

 

それだけ栄養素が高いってことなのです。

 

というのもダイエット中に不足しがちなビタミンやミネラルを簡単に補うことができるのです。

 

ただ味は青汁に近い感じになっています。

 

青汁が苦手だと言う方は、水で割るのではなく、牛乳や豆乳で割るほうがいいかもしれませんね。

 

 

マジカルスムージーにはココナッツオイルが配合されています。

 

他のスムージーには配合されていないので、これもウリの1つでしょう。

 

ココナッツオイルは女性誌でも取り上げられるくらいの有名人ですよね。

 

美容健康効果が高いので、飲むことで美肌になれるんです。

 

 

2つのスムージーをご紹介しましたが、2つとも効果があるという口コミが多いんです。

 

味や成分には違いがあるようなので、自分に合ったスムージーを探してみてくださいね。

 


スムージーだけじゃ物足りない時にはヨーグルトがおすすめ!

スリムになりたい方がおやつなどでヨーグルトを食べる時は、ラクトフェリンなど乳酸菌を含んだものを購入するのがベストです。便秘症が治って、脂肪燃焼率が上がります。

痩身している方が間食するならヨーグルトが最適です。低エネルギーで、おまけに腸のはたらきを活発にするラクトフェリンみたいな乳酸菌が補給できて、どうしようもない空腹感を緩和することができるので一石二鳥です。

ラクトフェリンを自発的に飲んでお腹の菌バランスを改善するのは、ダイエット中の方に必要不可欠な要素です。腸内の善玉菌が優位になると、腸内に蓄積した便がなくなって基礎代謝がアップするとされています。

人気のダイエット茶は、食事制限による便秘症に悩まされている人に役立ちます。食事だけで補うのは難しい繊維質が大量に含有されているため、便の状態を良化して排便を促す効果が期待できます。

痩身中は食事の栄養に気をつけつつ、摂取カロリー量を減らすことが大切です。流行のプロテインダイエットを実施すれば、栄養素をまんべんなく補給しながらカロリー量を低減できます。


本気で細くなりたいのなら、ダイエット茶を利用するのみでは難しいでしょう。あわせて運動やカロリー制限に勤しんで、エネルギーの摂取量と消費量の比率を反転させることを意識しましょう。

厳しいファスティングダイエットは体への負荷が大きく、リバウンドに苦労する遠因になるとされています。カロリーを抑えたダイエット食品を活用して、充実感を実感しながら脂肪を燃やせば、ムシャクシャすることもないでしょう。

週末のみ行うファスティングダイエットは、速攻でダイエットしたい時に役立つ方法の一つではありますが、気苦労が大きいという難点もあるので、無理をすることなく取り組むようにしていただきたいです。

体重を減らしたいなら、酵素ドリンク、ダイエットサプリの利用、プロテインダイエットのスタートなど、複数のスリムアップ法の中より、自らに合致しそうなものを見定めて継続していきましょう。

職場帰りに足を向けたり、公休日に出向くのは大変に違いありませんが、心からシェイプアップしたいならダイエットジムを活用して筋トレなどを実施するのがおすすめです。


酵素ダイエットを続ければ、簡便に体内に摂り込む総カロリー量を抑えることが可能ということで実践者も多いのですが、一層ウエイトコントロールしたい人は、軽めの筋トレを実践すると効果が高まります。

カロリーコントロール中はご飯の量や水分の摂取量が激減し、便秘に見舞われてしまう人が多いようです。今ブームのダイエット茶を愛飲して、お腹の動きを良好にしましょう。

注目の置き換えダイエットというのは、3食分の食事のうち1〜2食分をプロテイン含有ドリンクや酵素飲料、スムージーなどに入れ替えて、一日のカロリー摂取量を減じる減量方法となります。

年とって脂肪が減少しにくくなった人でも、しっかり酵素ダイエットをやり続ければ、体質が正常化すると同時にスリムアップしやすい体を入手することができます。

エキスパートの指導の下、ぶよぶよボディをタイトにすることが可能だと言えるので、お金はかかりますが最も着実で、リバウンドの心配なくボディメイクできるのがダイエットジムのウリなのです。

 

 

トップへ戻る